2008 パティスリー&ブーランジェリーコレクション 『ラ ヴィエイユ フランス』イートイン編


ラ ヴィエイユ フランス
今年もいよいよ始まりました、ジェイアール名古屋タカシマヤ恒例のイベント、
2008 パティスリー&ブーランジェリーコレクション!!
本日9月25日(木)~30日(火)までの6日間、東西・地元の有名パティスリー&ブーランジェリーが一堂に会するスイーツ・パン好きにはたまらない催事。。
初日の今日、早速行ってきたのでご紹介。
まず最初に紹介するのが、今年初の試み「シェフのスペシャリテ ~6人のシェフが日替わりで贈る至福の一皿~」というイートインスペース。
期間中前半4日間はスイーツ、後半2日間はパンメニューで、毎日違うシェフが目の前で作ってくれるという何とも贅沢なこのコーナー。
本日のシェフは、パティスリー・ラ・ヴィエイユ・フランス(LA VIEILLE FRANCE)
木村成克氏。
目の前で注文が入ってからつくっていただけたのは。。
「いちじくと巨峰のソテーラベンダーのハチミツ風 蘭のアイスクリーム添え」、お値段は一皿1365円。100皿限定でした。 ラ ヴィエイユ フランス
6日間どれも魅力的なメニューが並んでますが、いちじく好きの私はメニューをみて珍しく即決。初日の今日の一皿を食べてきました。
まず最初に出されたのは、蘭の香りのする緑茶。
渋みが程よくきいた甘みのない味に華やかな蘭の香り。。甘いデザート皿をうまくリセットしてくれる役割でしょうか。
しばらくして運ばれてきたお皿は、なんとも華やか。
いちじくと巨峰のソテーの上には、パリパリの食感が楽しいアーモンドをキャラメリゼして薄くのばしたもの、そのまた上には蘭のアイスクリームと、バラのアイスクリーム。。
あったかくて、つめた~い、この温度差はデザート皿ならではの楽しみ。
完熟ではないいちじくが、火を通しハチミツで甘みを付けられることによって絶妙な食感に。。巨峰もとろとろ、酸味が程よく心地よくて、なかなかボリュームのあるお皿ですがぺろりと食べさせてくれます。
アイスクリームはバラのほうが香り味ともに濃厚なので、蘭のほうからお食べくださいとのこと、なるほど蘭は爽やかな香りと味なのに対し、バラはふわ~っと豊かな香りが。。

香り、温度差、食感。。様々な変化が楽しく優雅な一皿はさすが。
結構ヘビーかな?と思ったのに、食べてみればおかわりだってしたいくらいの美味しさでびっくり!これは、あと5日間のそれぞれのシェフの一皿も期待大です!!
ちなみに、この「シェフのスペシャリテ」午前11時から(各日100皿限定)ですのでお間違えなきよう。。

さて、ほかにも購入した品がいろいろあるので。。
しばらくパティスリー&ブーランジェリーコレクションネタ、続きます!!
こうご期待~

2008 パティスリー&ブーランジェリーコレクションの記事一覧
2008 パティスリー&ブーランジェリーコレクション『カカオエット パリ』
(2008年9月26日の記事)
2008 パティスリー&ブーランジェリーコレクション『ラ ヴィエイユ フランス』テイクアウト編
(2008年9月27日の記事)
2008 パティスリー&ブーランジェリーコレクション『パン焼き小屋 ツオップ』
(2008年9月28日の記事)
2008 パティスリー&ブーランジェリーコレクション『パティスリー スリール』
(2008年9月29日の記事)
2008 パティスリー&ブーランジェリーコレクション『ラ ヴィエイユ フランス』
マカロン編
(2008年10月5日の記事)
2件のコメントがあります
koumeiさんのコメント:

 今年は開催されなくて寂しいと思っていましたが、なんと11月に栄三越で開催されるようです。詳細はまだ不明ですが、凄く楽しみです。

ミセスさいさんのコメント:

>koumeiさん
三越で、スイーツフェスタ、やってましたね!!
でも行けなかったんですよ。。
さいがインフルエンザにかかったため、私ももしかかっていて、催事場で人にうつすことになったらいけないと思い、自粛しました。
結局、私はかからなかったんですけどね(笑)
スイーツフェスタ、どうだったんでしょう。。