サロン・デュ・ショコラ SALON DU CHOCOLAT ~世界最大のチョコレートの祭典~ 「メゾン・フェルベール編」


サロン・デュ・ショコラ SALON DU CHOCOLAT
やりました!名古屋圏スイーツのカテゴリ、記事がこれで100記事目!!
食べすぎです!! ははは。
そんな記念すべき今回の記事は、またもやサロン・デュ・ショコラ
催事2日目(1月31日)にセミナーの券を取り逃した件は前々回のサロン・デュ・ショコラの記事で書きましたが。。
そのときのセミナーは、ジャン=ポール・エヴァン氏とメゾン・フェルベールクリスティーヌ・フェルベール氏だったんです。
券を取り逃した後、ショコラバーで一息ついて、それから売り場へ行ってみると。。
ご両人がサインしてたっ!!!
早速メゾン・フェルベールの売り場で「フランボワーズとビターチョコレートのコンフィチュール」(1995)を購入。 今年のクリスティーヌ・フェルベール氏の虹のテーマシリーズのコンフィチュールも気になったけれど、フランボワーズとチョコの組み合わせが大好きな私はこちらに。。

サロン・デュ・ショコラ SALON DU CHOCOLAT
そして列に並んで、サインしてもらう。。♪
サインもとっても可愛らしくて素敵!
そして、通訳さんに記念にツーショットで写真も撮ってもらったり♪
せっかくなんで、クリスティーヌ・フェルベールさんひとりの写真も撮らせていただく


コンフィチュールの妖精と呼ばれる彼女、ほんとうに優しくて素敵な微笑み。。♪
ご本人にブログ掲載許可までいただいて、有頂天な私(笑)

サロン・デュ・ショコラ SALON DU CHOCOLAT
そんなコンフィチュール、ついに今日の午後のお茶タイムでいただきました♪
一宮にあるパン屋さん、アンテテさんで買ってきた「カンパーニュ」をひとくちサイズに切って、フランボワーズとビターチョコのコンフィチュールを塗る。
口に入れると、フレッシュな味わいのフランボワーズが口いっぱいに広がって、後からチョコレートが追いかけてくる感じ。。美味し~~い!!
甘さも酸味も絶妙で、これならいくらでも食べられるかも。。

フランス・アルザス地方の小さな村でお菓子作りを続けるフェルベールさん。。彼女の優しさが、コンフィチュールの中にいっぱいつまったような味わいで、この虜になる人は結構多いんだろうなぁ。。

ちなみに、種類は少ないですが、名鉄百貨店メンズ館の地下1階フレッシュステーション・コンフィチュールコーナーでは、メゾン・フェルベールのコンフィチュールが常時置かれています!
なので、サロン・デュ・ショコラが終わっても、一部購入可能♪
これも伊勢丹パワーか。。!?(笑)
気になった方は、チェックしてみては。。?

サロン・デュ・ショコラ2008その他の記事はこちら
  ショコラバー(2008年1月30日の記事)
  ベルナシオン(2008年2月1日の記事)
  ショコラバーPart2(2008年2月2日の記事)
  ショコラバーPart3(2008年2月4日の記事)
  フランク・フレッソン編(2008年2月5日の記事)
2件のコメントがあります
mariさんのコメント:

100記事達成、おめでとうございます。
継続は力なりですね。私も見習います。

ミセスさいさんのコメント:

>mariさん
ありがとうございます!!
私もmariさんの行動力、見習いたいです。。
mariさんみたいに、いろんな国の言葉が喋れたら、こういう催事の時に直接お話できるのになぁ。。と思って、今からでも勉強しようかと考えてます。