雪だるまとお正月 年末年始のミッドランドスクエアウインドウアート


「正月」 by ミッドランドスクエア 2009年1月3日撮影
名古屋駅の空に浮かび上がる「正月 2009」。
きのう点灯を終えたミッドランドスクエアのウインドウアート(窓の光を使ったイラスト)。
昨年の12月25日までは巨大クリスマスツリーを描いていましたが、新年1月1日から1月3日まではご覧のような「正月」というなんとも潔い文字列が表示されていました。ウインドウアートというよりは、電光掲示板です。

お正月バージョンのウインドウアート 2009年1月3日撮影
これは2008年とほぼ同様のもので、去年の「2008」の「8」から1ドット削って「9」にしたものです。写真の「正月 2009」は北面のパターンですが、東面は「2009 元旦」、南面は「元旦」の表示になっています。
年末バージョンのウインドウアート 2008年12月31日撮影
さて、こちらは時間を少し遡って年末のウインドウアートです。
こちらも2008年と同様の、つぶらな瞳がかわいいゆきだるまです。こちらの点灯期間は12月26日から31日でした。

ミッドランドスクエアのウインドウアート、整理すると──
2008年11月28日から12月25日はクリスマスバージョンの「巨大クリスマスツリー」。
2008年12月26日から31日は年末バージョンの「雪だるま」。
2009年1月1日から3日はお正月バージョンの「元旦」、「正月」。
──というパターン遷移です。

今回のミッドランドスクエアのウインドウアートは昨日3日で終了となりました。次回はちょっと絵柄に変化があっても面白いかな、と期待している今日この頃です。

2007年のミッドランドスクエアウインドウアートはこちら
  第1期大きなツリーと大きなトナカイ(2007年12月1日の記事)
  第2期名古屋駅の空に巨大な雪だるま(2007年12月26日の記事)
  第3期名古屋駅の空に「元旦」(2008年1月3日の記事)

2006年のミッドランドスクエアウインドウアートはこちら
  ミッドランドが超巨大クリスマスツリーに灯をともす(2006年11月25日の記事)