尾張西枇杷島まつり 夏祭りの季節がやってきた



尾張西枇杷島まつり 鉄道の高架をくぐって
尾張西枇杷島まつり 鉄道の高架をくぐって
2006年6月4日撮影

いよいよ夏の到来を告げる尾張西枇杷島まつりが開かれました!

2005年7月7日に清須市に合併となった旧西枇杷島町で恒例のお祭りです。
名鉄の西枇杷島駅東枇杷島駅から歩いて数分の枇杷島橋のたもとから街道沿いに屋台がずらーっと並びます。
このお祭りはことしは6月3日・4日に行われ、数多い名古屋圏のお祭りの中でも比較的早い時期ですよね。そのため、このお祭りが来ると「いよいよ祭りの季節か~」と感じます。

2007年の西枇杷島まつりのようすもどうぞ

写真にもあるように、
途中、JR東海道線と新幹線の高架がお祭りの通りを覆い、ひっきりなしに電車が轟音を立てて通る、これもこのお祭りの特徴でしょうか。あと、わたしたちよりずっと若いひとがとても多いですね。

松原神社で一瞬、喧噪から離れる
松原神社で一瞬、喧噪から離れる

お祭りの喧噪にへとへとになり、
ちょっと通り沿いの神社に逃げ込むと、さっきまでの賑わいが嘘のよう。

突然の静寂の中から後ろを振り返ると、
さっきまで身をゆだねていたお祭りの賑わいがとても遠くのものに感じられます。


さて、西枇杷島まつりといえば山車です。 山車の曳き回し
山車の曳き回し

お祭りの通りはほぼ1本の街道。
その、あまり広くはない道を数台の山車が曳き回されます。

なかでも方向転換のシーンは圧巻。
方向転換中は街道もひとの通行をストップして(というか通行しようにも幅がなくて通行できません)、180度向きを変えるのを見守ります。

山車に飾られた提灯
山車に飾られた提灯

このブログを始めてから初めての夏祭りのシーズンを迎えます。

ことしはどんな夏になるんでしょうか。
いまからわくわくです。
2件のコメントがあります
nagoyanさんのコメント:

さいさん、こんばんは。
私は今日5日、熱田神宮の熱田まつりに行ってきました。
枇杷島のお祭りには行ったことがないのですが、さいさんがおっしゃるように私もこの熱田まつりに行って花火を見ると「夏が来たなぁ」と思うのです。
熱田まつりも提灯の付いたまきわら山車が出たりして賑やかですよ。

管理人さいさんのコメント:

>>nagoyanさん

こんばんは!
実はわたしも熱田まつり行ってきましたのです。

しかしすごい人でしたね。。。
熱田神宮にお参りするより早く、体が参ってしました。。。
ハハハ。。。

これからくる梅雨を乗り切れば、いよいよ夏本番。
楽しみです。