CC名古屋ビル 伏見に高さ130mの高層ビル計画


桜通沿いに計画されているCC名古屋ビルの予想
桜通沿いに計画されているCC名古屋ビルの予想 2007年12月12日撮影
このイメージ図は正確に測って作ったイメージではありません。図内の位置、ビルの形状などは個人的な予想です。

またひとつ100mを超える高層ビルの計画が発表されたようです。
名称はCC名古屋ビル(仮称)。場所は伏見・桜通沿い。2011年の3月竣工予定。三栄ビルを含むいくつかのビルをまとめて建て替える再開発で、その高さは130m。計画当初はもう少し低めの計画だったのですが、計画面積が広がったことに伴い高さも変更されたようです。

この高さはアルペン丸の内タワー(116m)やアクアタウン納屋橋(118m)と納屋橋ルネサンスタワーズ住宅棟(150m)のだいたい中間。200m以上の超高層ビルが建つ名駅を中心に、納屋橋・伏見・丸の内と100m台の高層ビルが並ぶ、なかなかバランスのよいスカイラインになりそうです。

ちなみに、写真の奥にある歩道橋はこのブログで「丸の内歩道橋から定点観測」をしている丸の内歩道橋です。