いよいよ開通! 名古屋高速6号清須線


明道町出入口
明道町出入口 2007年12月6日撮影

あした12月9日15時、名古屋高速の新路線がいよいよ開通です。
路線番号は「6」。路線名は「清須線」。
都心環状線・明道町カーブと東名阪自動車道・清洲ジャンクションを結ぶ路線で、計画名は「清洲線」だったのが、合併・市制施行し名称が変わった清須市に合わせられ、路線名は「清須線」となりました。先に開通している16号一宮線に直結し、都心から一宮・岐阜方面へのアクセスがよくなるとのこと。

写真は開通を待つ明道町出入口。誤認・誤進入を防ぐため入口の標識にはおおきくばってんがつけてあり、料金所ゲートは「進入禁止」の表示になっています。

ここからちょっと北上してみましょう。  

浅間町交差点を跨ぐ名古屋高速
浅間町交差点を跨ぐ名古屋高速

明道町ジャンクションから江川線に沿って北上します。

浅間町の交差点には、道路を大きく跨ぐようなつくりの橋脚。ここは地下鉄鶴舞線の浅間町駅が下に埋まっているため、それを跨ぐためにこうなったんでしょうね。浅間町や浄心、庄内通あたりは、私はけっこう慣れ親しんだ風景だったのですが、ずいぶんと変わっています。

庄内通出入口
庄内通出入口

北上を続けると、庄内通で大きく90度カーブします。
そこにあるのがこの庄内通出入口と、もうひとつ鳥見町出入口。ここはひとつの交差点に2つの出入口が集まっています。

ここから先は西進し、清須出入口清洲ジャンクションへとつながっていきます。そこまで行きたいところですが、なにせ今私が乗っているのは自転車である上に仕事の休憩時間(もちろん1時間!)を利用してここまで来たので、この辺で退散しないと遅刻してしまいます~。

ということで、退散、退散。。。

ちなみに、この先にある西区と清須市の間の庄内川を跨ぐ新しい橋の名前は「赤とんぼ橋」に決定したようです。橋げたを吊るななめの赤いケーブルが羽を休める赤とんぼに見えるから、との理由だとか。かわいらしい名前です。


16号一宮線が開通したときの記事が発掘されました(名古屋圏始動前の記事なのです)
  いよいよ開通! 名古屋高速16号一宮線(2005年2月11日の記事)
2件のコメントがあります
shinzanmonoさんのコメント:

走ってきました!

清洲入口からスタートして、
6→R→6→(清洲JCT)→東名阪→(高針JCT)→2→5→(名古屋西JCT)→東名阪→(清洲JCT)→6→R→6→清洲出口

ETC利用だったので、
名古屋高速 680円×3
東名阪(通勤割引) 250円×2
でした
まぁ贅沢なドライブでしたが、夜景が綺麗でした

管理人さいさんのコメント:

>>shinzanmonoさん
早速行きましたかー!!

実は私も。。。。
しかも、恥ずかしながら、午後3時に開通待ちの車の列に並んでしまいました。。。つい。。。
私は清須入口→6→R→6→庄内通出口というシンプルなコースを。。。

shinzanmonoさんは素晴らしいコース取り+夜景! これはなかなか良いドライブですね!