東区・市政資料館 大地の塔記念展示特別展



大地の塔 記念展示特別展
大地の塔 記念展示特別展 2006年3月21日撮影

愛・地球博開幕1周年を記念し、
愛知万博その後ネタをちょくちょくご紹介しています。

今日は、行かれた方もいらっしゃるでしょうか、
大地の塔 記念展示特別展」です!

大地の塔 記念展示特別展

東区白壁にある名古屋市市政資料館
3月10日~3月26日まで開催されていました。(現在は終了しております)
名古屋市市政資料館 エントランス
名古屋市市政資料館 エントランス

ここ名古屋市市政資料館は、
重要文化財である旧名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所庁舎を保存・公開している施設で、白壁にあります。
やはり、もともとは裁判所であるため、造りも重厚。
法廷の展示や、地下には留置室もあり、厳かな印象を受けます。

名古屋市市政資料館
名古屋市市政資料館 外観

ご覧のとおり、
外観も、うつくしい。


大地の塔 記念展示特別展

そんな市政資料館で長久手会場 日本ゾーンで最も目立ってた大地の塔の在りし日の姿を展示で振り返っていました。

大地の塔は、簡単に言えば「巨大な万華鏡」で、
その高さは地上47m。
三角形の暗~い空間に入り上を見上げると、
天井いっぱいの万華鏡がある仕組み。

当時長久手会場を走り回っていた私は、その灼熱ぶりに疲労困憊したタイミングで大地の塔に入場したため、その室内の涼しさにしばし浸っていました。。。

その万華鏡の写真パネルが廊下に飾られています。

上の写真のように、
外の明かりにパネルを透かして見るという仕掛けつき。


大地の塔 灯篭

大地の塔のまわりにあった切り絵灯籠

大地の塔 展示室

こちらは大地の塔にまつわるものを展示している展示室。
幸運にも撮影禁止ではなかったので記念撮影。

大地の塔 ユニフォーム

そして、
スタッフのユニフォームも飾られていました。
4件のコメントがあります
mariさんのコメント:

大地の塔は一度も入りませんでした。いつも長い行列で。
きり絵は覚えがあります。夜は行灯のようできれいでした。

管理人さいさんのコメント:

>>mariさん
大地の塔は、行列がとても長いわりに、塔内部に入ってしまうとあっという間に終了するので、物足りなさそうな声も聞こえていましたね。。。

夏の宵にあの切り絵灯籠はよい雰囲気でした。
早く夏が来ないかな。

hiroさんのコメント:

4月に入ってから資料館に行ってみましたが、大地の塔の展示が常設展示になっていましたよ。落ち着いて見られました。

管理人さいさんのコメント:

>>hiroさん
こんばんは!
え! 大地の塔が常設展になってたんですか!
それは情報ありがとうございます!

てことは慌てなくてもゆっくり観られるということですね。