大名古屋ビルヂング、ついに建て替えへ


大名古屋ビルヂング未来予想図
大名古屋ビルヂング未来予想図 写真は2009年12月16日撮影
ついについに、大名古屋ビルヂングの再開発が決まりました。

大名古屋ビルヂングといえば、その独特のネーミングでも有名な名古屋駅の顔とも言えるビル。(大名古屋ビルヂングとは) 築半世紀が近づきそろそろ建て替えか──?と、ずっとずっと言われていましたが、ついについに建て替えが決まりました。ここしばらくこういう大きな再開発ニュースがなかったので・・・、この感じ、なんだか久しぶりです。

ということで名古屋圏でも「大名古屋ビルヂングの未来予想図」、ご用意しました! 今回は大名古屋ビルを囲む4つの歩道橋を転々とし、しばしの妄想にふけってみたいと思います。

まずは冒頭の写真。名駅の東、地下鉄久屋大通駅近く、桜通をまたぐ呉服町歩道橋からのアングルです。(写真には同じく名駅に計画されているJRと日本郵政(JP)の新ビルもあわせて入れました) ご覧の通り、既存のJRセントラルタワーズの右に高層ビルが林立します。桜通からの眺めはまさにビルの壁・・・。

お次は名駅の南・下広井歩道橋からのアングル。

大名古屋ビルヂング未来予想図
大名古屋ビルヂング未来予想図 写真は2009年12月16日撮影
ミッドランドスクエアの影から、大名古屋ビルヂングの新ビルがのぞきます。

大名古屋ビルヂング未来予想図
大名古屋ビルヂング未来予想図 写真は2009年12月16日撮影
そして名駅の北・菊井通歩道橋からのアングル。
これは位置取りを若干失敗・・・、大名古屋ビルがギリギリ見えません・・・。

大名古屋ビルヂング未来予想図
大名古屋ビルヂング未来予想図 写真は2009年12月16日撮影
最後にもう一度東側に戻って丸の内の日銀前歩道橋からのアングル。
この場所は桜通のイチョウ並木の東端ですね。(いつも定点観測している歩道橋とは違う歩道橋です)

この建て替え後の大名古屋ビルヂング(名称は一切未定ですが)は、地上38階建て・高さ190m。2015年度の目標で建設するそうです。2010年代半ばには、また名駅の景色がずいぶんと変わることになるのでしょう。

大名古屋ビルヂングに関する記事もどうぞ

[イメージ画像についてのご注意]
●大名古屋ビルヂング建て替えビルの高さは2009年12月15日現在発表されている「190m」という記述を元にしています。●JR東海新ビル(名古屋ターミナルビル敷地)の高さは2008年12月22日現在発表されている「最大260m」という記述を元にしています。●日本郵政グループ新ビル(名古屋中央郵便局名古屋駅前分室一帯)の高さは2008年12月23日現在発表されている「最大210m」という記述を元にしています ●あくまでも作者の個人的な趣味で作成した想像図としておねがいします。
2件のコメントがあります
匿名さんのコメント:

興味深いですね。 名古屋の都市景観がにぎやかになるのが楽しみです。

ダイナードさんのコメント:

古くからの名駅好きな俺にとっては寂しい気がしますが、
新生大名古屋ビルヂングに期待ですね!