あま市、きょう誕生!


あま市役所を示す標識
あま市役所を示す標識 2010年3月22日撮影
名古屋市の西に位置する海部郡(あまぐん)のうち、美和町七宝町、甚目寺町の3つの町がきょう合併し、あま市となりました。
 
3町の合併後、七宝町の名称は住所に残りますが、甚目寺町と美和町の名前は(基本的には)住所から消えてしまうようです。
こうして名前が失われていくのは、個人的にはちょっとさみしく思います。
思えば、平成の大合併でたくさんの町の名前が消えてしまいましたね。今でも名古屋を走る鉄道や高速道路のインターチェンジ名を見ると甚目寺をはじめ西春、春日、枇杷島、清洲、尾西、漢字の三好などの古い名称がいろいろ残っていて、若い方たちが古い地名を知るひとつのきっかけになったりもします。地名には、歴史もあり、その場所の個性でもありますから、こうやってなくなってしまうのはやっぱりさみしいですね。